海気通信 ~kaiki news~

稲毛にはかつて「海気館」と呼ばれる洒落た旅館があり、小説家や画家が時折訪れていました。その旅館の目の前には海岸と松林が広がり、周囲にはたくさんの別荘が建っていたそうです。ギャラリー・いなげでは、海辺の別荘地であった昭和30年以前から現在に至るまでの稲毛の歴史を、出来事、風景、人物、物語などさまざまなトピックでお伝えする『海気通信』を不定期でお送りいたします。

※下記からpdfでダウンロードできます。

■海気通信

海気通信(創刊号)

海気通信2号

海気通信(3号)

海気通信4号

海気通信5号(表面)

海気通信5号(裏面)

海気通信号外

海気通信6号

海気通信7号

海気通信8号

海気通信9号

海気通信10号

海気通信11号

海気通信12号「稲毛八景」

広告

海気通信 ~kaiki news~」への4件のフィードバック

    • 郷土博物館の貴重な資料へのリンクをご連絡いただき、どうもありがとうございます。
      お返事が遅れてしまい申し訳ございません。
      千葉街道が寒川刑務所の囚人によってつくられたというお話は伺ったことがありましたが、こうした資料で拝見する機会はございませんでしたので、大変興味深く読ませていただきました。道路造設の際、どのような工事を行ったのか、残念ながら私たちも把握できておりません。新たな情報を入手しましたら、また海気通信等でご報告させていただきます。
      また、今年度も7月9日(日)に「稲毛お話し会」という、稲毛の歴史や文化を語り合う会を予定しております。海気通信で取り上げる話題について、地域の方とお話ししていますので、よろしければぜひご覧ください。(http://business4.plala.or.jp/g-inageのイベントページ)

  1. 千葉)海辺の記憶「稲毛八景」で地域盛り上げ
    大和田武士2017年5月3日03時00分
    http://www.asahi.com/articles/ASK4V4WRNK4VUDCB00L.html
    >埋め立て前まで稲毛地域にあった船だまり=千葉市民ギャラリー・いなげ提供

    ↑ というキャプションが付いた写真が掲載されております。これは現在のどちらの場所にあったのでしょうか?
    かつて稲毛の旧海岸線にも船だまりが存在したとは寡聞にして知りませんでした。

  2. 夥しい数の和船の姿には驚かされますね。
    観光目的以外で和船を使うことが無くなった今となっては幻想的な風景です。
    この写真の撮影時期も合わせて教えて頂ければ幸甚です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中