海気通信 ~kaiki news~

稲毛にはかつて「海気館」と呼ばれる洒落た旅館があり、小説家や画家が時折訪れていました。その旅館の目の前には海岸と松林が広がり、周囲にはたくさんの別荘が建っていたそうです。ギャラリー・いなげでは、海辺の別荘地であった昭和30年以前から現在に至るまでの稲毛の歴史を、出来事、風景、人物、物語などさまざまなトピックでお伝えする『海気通信』を不定期でお送りいたします。

※下記からpdfでダウンロードできます。

■海気通信

海気通信(創刊号)

海気通信2号

海気通信(3号)

海気通信4号

海気通信5号(表面)

海気通信5号(裏面)

海気通信号外

海気通信6号

海気通信7号

海気通信8号

海気通信9号

海気通信10号

海気通信11号

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中