26年後半のイベント報告

26年度もいよいよ今日で終わります。

ギャラリー・いなげでは早くも枝垂れ桜が満開です。

枝垂れ桜

今年度後半にギャラリー・いなげで開催したイベントをご報告します。

 

①白井綾写真講座

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

受講生の作品

受講生の作品 よく日の当たる日だったことが伝わってきます。

 

昨年度、千葉大学の授業「展示をつくるB」の講師をつとめた千葉市出身の写真家・白井綾さんによる写真講座を9月27日に開催しました。

白井さんと旧神谷伝兵衛稲毛別荘や庭園で一緒に撮影を行った後、参加者の皆さんは稲毛の街を散策しながら写真撮影を行いました。

白井さんより「テーマを持って撮影してみてください」とのアドバイスを受けて撮影された皆さんの写真は、稲毛の色々な表情を捉えていました。

講座の最後には、白井さんから一枚一枚の写真に対して丁寧な講評をいただき、講座は終了しました。

 

②秋休み子ども美術講座「夜灯とうろうつくろう」&大人向け「夜灯とうろうをつくろう」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小学生たちが作成した灯ろう

小学生たちが作成した灯ろう

10月2日(土)、3日(日)に地域の小学生を対象とした、「夜灯(よとぼし)」祭りのためのとうろうづくりを行いました。

ペットボトルに特殊な粘土を貼りつけてオリジナルのとうろうをつくりました。

また、今年も好評につき、大人も参加できるとうろうづくり講座も開催。

友人同士、親子、ご夫婦、お孫さんと…様々な年齢層の方々が思い思いの灯ろうを完成させました。

「夜灯」まつりの様子は6つ目の報告をご覧ください。

 

③秋のスケッチ大会

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小学生のスケッチ。別荘のベランダから庭園をみた風景です。

小学生のスケッチ。別荘のベランダから庭園をみた風景です。

大人のスケッチ。別荘外観を描きました。

大人のスケッチ。別荘外観を描きました。

毎年恒例の旧神谷伝兵衛稲毛別荘庭園でのスケッチ大会です。

天気にも恵まれ、小さなお子さんから小学生、そのご両親、ご高齢の方まで幅広い年齢層の方々に参加いただきました。

神谷別邸を描く、別邸から見た風景を描く、庭園の草花や池の鯉を描く、描いている子の姿を描く…

夕方には様々なスケッチが集まり、後日ギャラリー・いなげのロビーにて展示しました。

 

⑤佐藤信太郎写真講座「夜景を撮る」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

参加者の撮影した写真

参加者の撮影した写真

千葉市在住の写真家・佐藤信太郎さんによる夜景の写真講座を11月22日に開催しました。

佐藤さんは都市の夜の街並みをとらえたシリーズなど、夜景撮影のプロとしても知られており、

今年も昨年に引き続き、稲毛あかり祭「夜灯」の風景の撮影を通して、夜景撮影と画像レタッチのポイントを学ぶ講座となりました。

参加者の皆さんは、夜灯まつりをまわりながら様々な場面を切り取り、最後の講評会では佐藤さんのお話を熱心に聞いていました。

 

⑥夜灯まつり ギャラリー・いなげ夜間特別公開

夜灯当日のギャラリー庭園の様子

夜灯当日のギャラリー庭園の様子

カフェkaikiの様子

カフェkaikiの様子

最後に11月22日、23日の2日間開催した稲毛あかり祭り「夜灯(よとぼし)」のご報告です。

ギャラリー周辺の稲毛地域では、稲毛せんげん通り商店街を中心とする地域の皆さんによって「稲毛あかり祭夜灯(よとぼし)」が毎年催されています。

かつて海辺の街だった頃の稲毛の記憶を今に伝えるお祭りとして9年前に始まりましたが、今では地域で親しまれる恒例行事となっています。

カンテラを干潟に灯して行っていた「よとぼし漁」の風景をイメージし、お祭り当日にはたくさんの手作り灯ろうが街中を彩ります。

ギャラリー・いなげも3年前から「夜灯」に参加しています。今年は「秋休み子ども美術講座」や一般向けの灯ろうづくり講座で参加者が制作した 色とりどりの灯ろうが夜の庭園を彩りました。さらに、昨年に引き続き美浜区の稲毛第二小学校、磯辺小学校にご協力いただき、各小学校の子供たちの灯ろうも展示しました。灯ろうをつくった子どもたちとその家族が美浜区からたくさん来場いただき、稲毛の街を知ってくださるのはとてもうれしいことでした。

また、今年もWiCAN(千葉アートネットワーク・プロジェクト)によるカフェkaikiが両日共に開かれました。

今年はWiCANのプロジェクトで制作された「カフェ屋台WiCAfe」が登場し、「豆NAKANO」さんの挽きたてのコーヒーや稲毛園の抹茶ラテ、大越酒店の甘酒など、地域のお店をフューチャーした魅力的なカフェとなりました。

昨年以上に来場者数が多く屋台には行列ができる程でしたが、昔の稲毛の写真を見ながら来場者同士がお話をしている場面や、コーヒーの待ち時間の間に「地図ノート」を見たり、書き込んだりしてくださる方もいらっしゃいました。

 

以上、26年度後半のイベント報告でした。

ギャラリー・いなげの行事にご協力くださったみなさま、当館に足を運んでくださったみなさま、どうもありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメントする

カテゴリー: 1 千葉市民ギャラリー・いなげ, 1_3 イベント

【告知】西岡美千代 foating world がスタートしました

floating world

企画展「西岡美千代 floating world」が本日1月21日よりスタートしました!

千葉出身の鋳金作家・美千代さんによる初めての個展です。

 

***************

西岡美千代 ―floating world―

 

会期:2015年1月21日(水)~2月1日(日) *1月26日(月)休館

会場:千葉市民ギャラリー・いなげ

開館時間:9:00~17:15

観覧料:無料

 

千葉市民ギャラリー・いなげでは千葉県出身の鋳金作家・西岡美千代さんの初の個展を開催します。

西岡さんは、千葉県四街道市に酪農家の長女として生まれ、東京藝術大学・大学院で鋳金を学んだ後、現在は酪農業に従事しながら、制作活動を行っています。彼女の作品は、硬く重い金属でありながら、柔らかく軽やかな形を持ち、浮遊するような不思議な感覚を有しています。修了制作≪浮―ざわめき―≫では、水中から水面を見上げたときの心象風景をアルミニウムで表現し、サロン・ド・プランタン賞を受賞しています。その後も、水、泡、植物などをモチーフに、無機質な金属に有機的なイメージを与える表現を試み続けています。

今回の展覧会では、現実と夢が入り交ざるような不可思議な世界を表現するため、200を超える小さなアルミニウムの作品の集合体を宙に浮かせるなど、展示室をダイナミックに生かし、作品を前にした人がその世界に入り込めるような展示空間が出現します。

西岡さんの初の個展にどうぞご期待ください。

 

**************

前日の展示作業の様子。西岡さん本人が脚立にのぼり作品を展示しました。

展示作業中の西岡さん

皆さまのご来場、お待ちしております!

 

コメントする

カテゴリー: 1 千葉市民ギャラリー・いなげ, 1_1 展覧会(企画展)

【告知】千葉大学「展示をつくるB」写真展「異心地ーいごこちー」

DSC_2799

千葉大学の授業「展示をつくるB」の一環として、受講生と一般参加の市民の方たちによる写真展をギャラリー・いなげで開催します。講師の写真家・白井綾さんと共に、受講生たちが「違和感」を切り口に撮影し、何度も講評を重ね、つくりあげてきた写真展です。どうぞご期待ください。

***********

千葉大学普遍教養展覧会科目「展示をつくるB」写真展 異心地―いごこち―

 

会期:平成26年12月24日(水)~平成27年1月11日(日)
※12月29日~1月3日、1月5日は休館

会場:千葉市民ギャラリー・いなげ(千葉市稲毛区稲毛1-8-35)

時間9:00~17:15 ※ただし最終日のみ16:00まで

観覧料:無料

 

見慣れた風景のはずなのに、じっと視てみるとなんだかしっくりと来ない…。
“異心地”とは、そんな気分のこと。この展覧会では、撮影者が感じた”異心地!を、写真を通して紹介いたします。

本展覧会は千葉大学の授業「展示をつくるB」(担当教員:神野真吾)の受講生たちと、一般参加の市民の方たちによるものです。 受講生たちは、千葉市出 身の写真家・白井綾さんと共に「違和感」をキーワードに、周りの環境や、自分が見つめる対象をじっくり視て、写真という装置を用いて切りとっていきまし た。くり返し講評を重ね、漠然とではなく、自分の意図をもって写真を撮ることに取り組んだ彼らの成果をご覧ください。

 

***********

 

コメントする

カテゴリー: 1 千葉市民ギャラリー・いなげ, 1_1 展覧会(企画展)

創造海岸いなげ展・千葉市中学校美術部展レポート

本日は8月12日~17日に開催した企画展「創造海岸いなげ展」と「千葉市中学校美術部展」をご紹介します。

 

●創造海岸いなげ展

昨年から千葉ゆかりの期待のアーティストを紹介しています。

今年は織間菜々子さん、佐藤華連さん、高橋朋子さんにご出品いただきました。

織間さんは白を基調とした油彩画の作品を制作しています。遠くから見ると抽象画のように見えますが

織間さんは白を基調とした油彩画の作品を制作しています。空間全体に心地よい時間が流れるようにと、織間さんご自身展示方法にもとても気を配っています。遠くから見ると抽象画のように見えますが、近づいてみると…

鳥と子どもがリズムよく並んでいます。白色といっても、異なる色を薄く何層も重ねているそうです。

<calm beat>鳥と子どもがリズムよく並んでいます。白色といっても、異なる色を薄く何層も重ねているそうです。

佐藤華連さんは、「私だったもの、貝殻、イメージ」というポートレートのシリーズを展示しました。撮影した写真の前でさらに撮影をしたり、写真を何度も印刷にかけたりして、現実と虚構が入り交ざるような作品でした。

佐藤華連さんは、「私だったもの、貝殻、イメージ」というポートレートのシリーズを展示しました。撮影した写真の前でさらに撮影をしたり、写真を何度も印刷にかけたりして、現実と虚構が入り交ざるような作品となっていました。

海辺で砂に埋もれる姿は、もはや佐藤さんかどうか、人が入っているかどうかもわからず…

海辺で砂に埋もれる姿は、もはや佐藤さんかどうか、人が入っているかどうかもわかりません。

高橋朋子さんは、北海道で生まれ、沖縄の大学で陶芸を学び、千葉で開窯という経歴を持つ陶芸家です。海や山の自然をモチーフにした白磁のうつわや小物を制作しています。こちらの作品は<うみやまの燭台>サンゴや松ぼっくりなどを思わせる抽象化された形が素敵です。

高橋朋子さんは、北海道で生まれ、沖縄の大学で陶芸を学び、千葉で開窯という経歴を持つ陶芸家です。海や山の自然をモチーフにした白磁のうつわや小物を制作しています。こちらの作品は<うみやまの燭台>

今回のメインは51点の作品群<うみやまproducts>最初から形を決めずに、手で捏ねながら一つ一つ自然と形作っていったそうです。どれも穴やくぼみがあり、花器などにも使用できます。ちなみに金属見えるものは、陶器に銀彩したもの。

今回のメインは51点の作品群<うみやまproducts>手で捏ねながら一つ一つ自然と形作っていったそうです。どれも穴やくぼみがあり、花器などにも使用できます。ちなみに金属見えるものは、陶器に銀彩を施したもの。

 

●千葉市中学校美術部展

今年で3回目となる美術部展は、17校の中学校が参加、300点以上の作品が出品され、大変パワフルな展覧会となりました。

回を重ねるごとに、生徒たちそれぞれのイメージが伝わってくる作品が増えてきた印象があり、一つ一つの作品に目を向けると「何を思ってこのように表現したのだろう?」と興味をそそられました。残念ながらすべてを掲載することはできないため、ここではほんの一部をご紹介します。

いくつかの風景を俯瞰して描いた作品。台形にトリミングされた風景も。

いくつかの風景を俯瞰して描いた作品。

思い切って正面から描いた風景画もありました。

何かが増殖し、箱を突き破り溢れてきています。とても挑戦的な作品。

ボックスアートの作品もありました。何かが増殖し、箱を突き破り溢れてきています。とても挑戦的な作品。

アジアの国の王妃を描いています。表情がなんとも愛らしいです。

人物を描いた作品もよく見られます。アジアの国の王妃を描いています。表情がなんとも愛らしいです。

鉛筆一本で描いた労作です。

鉛筆一本で描いた労作です。

創造海岸いなげ展の作家さんたちの目を引きつけた作品。

創造海岸いなげ展の作家さんたちの目を引きつけた作品。

みつわ台中学校では、古着を、新しいイメージの服に作りかえるという制作活動を展示しました。校内でファッションショーも行ったそうです。

みつわ台中学校は、古着を新しいイメージの服に作りかえる制作活動を行い、その服と校内でのファッションショーの様子を展示しました。

磯辺中学校は、昨年まで通っていた校舎が廃校となったため、校舎に思いも思いの絵を描いたり、自分の思い出の場所をスケッチした活動を展示しました。

磯辺中学校は、昨年まで通っていた校舎が廃校となりました。そこで教室の壁面や棚などに思いも思いの絵を描いたり、自分のお気に入りだった場所をスケッチした活動を展示しました。

都道府県のご当地キャラクターを共同制作した作品。47都道府県すべてデザインされています。

都道府県のご当地キャラクターを共同制作した作品。47都道府県すべてデザインされています。

ご協力いただきました作家の皆さん、中学校の先生、生徒の皆さん、ご来場いただいた皆さまどうもありがとうございました。

2つの展覧会は来年も開催予定です。

 

 

コメントする

カテゴリー: 1 千葉市民ギャラリー・いなげ

「カフェkaiki」レポート

本日の夏のイベント報告は千葉アートネットワーク・プロジェクト(WiCAN)(*)による「カフェkaiki」です。

2011年よりWiCANと連携し、来館者の方同士、大学生と来館者が、飲み物を片手にゆるやかな交流ができる場をギャラリーにつくろうということでスタートしてから4年目を迎えます。毎年、旧神谷伝兵衛稲毛別荘のテラスにて期間限定で開催しています。

今年は今まで一番たくさんの方が訪れてくれました。

今年は8月8日~10日の3日間開催

これまで冷たい飲み物をメインに提供していましたが、今年はなんと…

昭和時代のかき氷機、その名も「ツェッペリン号」

昭和時代のかき氷機、その名も「ツェッペリン号」に興味津々

夏ならではのおもてなしとしてかき氷機が登場しました!

レトロで本格的なかき氷機が回り出すと、自然と周りに人が集まってきました。

ちなみにかき氷機の台は、アーティスト・住中浩史さんのアドバイスを受け、WiCANの学生メンバーが作ったオリジナルのものです。

2011年のカフェkaikiから続いている稲毛の「地図ノート」への書き込みもかなり増えてきました。

download

稲毛のおすすめスポットや思い出の場所、歴史を書き込める地図ノート

稲毛のおすすめスポットや思い出の場所、歴史を書き込める地図ノート

 

地図ノートへの書き込み元に、学生メンバーが制作した稲毛の「フォトブック」もリニューアルされました。

写真(7)

今年は「世界児童画展」で初めて稲毛を訪れる家族連れが稲毛を知る機会になったり、地元の方が訪れ稲毛の昔のお話を語っていただいたり、フォトブックに掲載させていただいたお店の方が足を運んでくれたり…と、様々な方との出会いのあるカフェとなりました。

カフェkaikiは11月22日、23日の「稲毛あかり祭 夜灯」でも開催予定です。

どうぞお楽しみに。

 

(*)WiCAN…千葉大学教育学部芸術学研究室と千葉大学普遍教養展開科目「文化をつくる」受講生を母体に、千葉市美術館や各種団体とネットワークを形成し、社会におけるアートの可能性を探求しているプロジェクト。詳細はhttp://www.wican.org

 

yuki

コメントする

カテゴリー: 1 千葉市民ギャラリー・いなげ, 1_3 イベント

世界児童画展レポート

日が暮れると暑さが和らぐようになってきましたね。

今日は8月5日~10日に開催した「世界児童画展」をご紹介します。

「世界児童画展」は、美育文化協会が毎年開催している展覧会で、世界中の子どもたちと日本の子どもたちから作品を公募し、受賞・入選した子供たちの作品が、全国各地・海外を巡回します。

千葉市民ギャラリー・いなげで開催されるようになってから4年が経ち、千葉市内の子どもたちの出品数も大幅に増えてきました。特に今年は、千葉の子どもたちの作品が、内閣総理大臣賞や文部科学大臣奨励賞などの大きな賞に選ばれたということで、初日には受賞した子どもたちをお招きし、オープニング・テープカットを行いました。

DSC_0261

ここでテープカットに参加してくれた子どもたちの作品をご紹介します。

内閣総理大臣賞を受賞した木場心楓さんの作品≪大きなかお≫

内閣総理大臣賞を受賞した八千代市立勝田台小学校の木場心楓さんの作品≪大きなかお≫

文部科学大臣奨励賞(団体)を受賞した千葉市立花園中学校の金子雄伍さんの≪ヒヒと鳥の親子≫。上下を回転させると、雛と卵を守る鳥の絵に。

文部科学大臣奨励賞(団体)を受賞した千葉市立花園中学校の金子雄伍さんの≪ヒヒと鳥の親子≫。上下を回転させると、雛と卵を守る鳥の絵に。

特選に選ばれた千葉市立稲毛第二小学校の鈴木駿聖さんの作品≪アマリリスと花のみんなと虫のパーティー≫

特選に選ばれた千葉市立稲毛第二小学校の鈴木駿聖さんの作品≪アマリリスと花のみんなと虫のパーティー≫

風景画や物語の一場面、植物や静物、空想のイメージなどテーマだけでも多種多様ですが、表現技法も様々な工夫が凝らされており、じっくり時間をかけて鑑賞している人が多かったように思います。

DSC_0325

DSC_0335

「世界児童画展」に訪れる来館者の多くは、入選された子ども達とそのご家族でした。ギャラリー・いなげに初めて来る方が大変多く、旧神谷伝兵衛稲毛 別荘を見て「千葉にこんな場所があったんだ」といううれしい声もありました。この展覧会を機に、またギャラリーに足を運んでいただけたらありがたいです。

 

yuki

コメントする

カテゴリー: 1 千葉市民ギャラリー・いなげ, 1_1 展覧会(企画展)

夏休み子ども美術講座レポート

今日は8月2日、3日に開催した「夏休み子ども美術講座」をご紹介します。

講師を務めていただいたのは、当館近くの小学校の図工担当の先生お二人です。

今回の講座では折り紙を使った内容となりました。

まずは、折り紙をいくつかの決まったパターンで折ります。

そこに自分の好きな位置に好きな形の切込みを入れ…

広げると、切込みに応じた様々な模様が!

自分では失敗したかも…と思った切込みが、広げてみると意外にも素敵な模様になることもありました。

次から次へと紙を切っていく子どもたち。切り抜かれた紙も、後から利用します。

次から次へと新しい模様を工夫して紙を切っていく子どもたち。切り抜かれた紙も、後から利用します。

最後に自分の気に入った模様の折り紙を2つ選び、それらに合う色の台紙と組み合わせて作品が完成しました。

たくさんある色の中から、折り紙の模様に合う台紙の色を選ぶのも楽しい。

たくさんある色の中から、折り紙の模様に合う台紙の色を選ぶのも楽しい。

10月には稲毛あかり祭「夜灯」に飾る灯ろうをつくる「秋休み子ども美術講座」も予定しています。

yuki

コメントする

カテゴリー: 1 千葉市民ギャラリー・いなげ, 1_3 イベント