【報告】佐藤信太郎写真講座「夜景を撮る」

「夜灯まつり」の開催に合わせ11月21日、写真家・佐藤信太郎さんを講師に迎えた写真講座「夜景を撮る」を開催しました。

 

PB216497.JPG

ロケーションハンティング中、浅間神社から見える夕日を撮影する受講生の皆さん

佐藤信太郎さんは、稲毛区出身・在住の写真家で、都市の緻密な風景をとらえた作品で注目されている作家です。近年は建設中の東京スカイツリーとその周辺の街並みの変化を絵巻物のようにとらえた「東京|天空樹」で林忠彦賞を受賞されています。

 

佐藤さんは、街の夜景を撮り続けている写真家でもあります。非常階段から見える東京の裏の風景を捉えた「非常階段東京」や東京・大阪の猥雑な夜の街並みを撮影した初期の作品「夜光」などが、高く評価されています。

そんな佐藤さんを講師にお招きした「夜景を撮る」は今回で3回目。夜景の撮影では、どうしても長時間シャッターを開けることが多いため、受講生にはデジタル一眼レフカメラと三脚を持参いただきました。

まずは夜景撮影時のポイントを佐藤さんから解説いただき、その後「夜灯まつり」の会場となっている松林や商店街、浅間神社などをスタッフのガイドで回り、ロケーションハンティングを行いました。その後、受講生は各自気に入った撮影ポイントで撮影を行いました。毎年、講師の佐藤さんも会場を回り、一人一人カメラの前で、撮影中の写真を見ながらアドバイスをしてくださいます。実際に撮影してみて疑問点が浮かぶこともあるので、とても好評でした。また、今年はボランティアスタッフの佐藤華連さん(千葉在住の写真家)とテュルマー・シュテファンさん(元・稲毛在住の物理学者・写真家)のお二人のサポートもあり、受講生一人一人が満足いく写真を撮影することができました。

撮影後は受講生が撮影した写真の講評会を行い、佐藤さんからフォトショップによる画像のレタッチ方法もアドバイスいただきました。以下が受講生の皆さんの写真です。

こちらの講座は来年度も開催予定です。

コメントする

カテゴリー: 4 その他

【報告】秋のスケッチ大会

今年で5回目となる「秋のスケッチ大会」を11月7日にギャラリー・いなげの庭園で開催しました。

今回初めて講師をお勤めいただいたのは、千葉市芸術文化新人賞受賞の美術家・佐藤央育(えいすけ)さんとNARAMIX(ナラミックス)さんです。佐藤央育さんは稲毛区出身、NARAMIXさんは中央区出身で、お二人とも都内を中心に作品発表をする傍ら、千葉市での美術にかかわる活動にも大変熱心に取り組んでくださっています。

ご家族、友達同士、お一人で…今回も様々な方に参加いただきました。

完成作品は後日当館のロビーに展示しました。

年代もそれぞれの関心も様々な皆さんの作品が並び、とても見応えがありました。

コメントする

カテゴリー: 4 その他

【報告】色であそぼう○○どうぶつ

「創造海岸美術講座」第二弾として、イラストレーター・NAMIKIさんによるワークショップ「色であそぼう○○どうぶつ」を10月24日に開催しました。

NAMIKIさんは稲毛出身・在住のイラストレーターで、2007年に千葉市民ギャラリー・いなげで開催した企画展「Chiba Art Flash」にも参加されたり、まさに稲毛期待のアーティストのお一人です。NAMIKIさんの作品は、動物たちをたくさんの色をつかって、表情豊かに描き上げています。

そんなNAMIKIさんの初めてのワークショップは、NAMIKIさんの「色で遊ぶ」をテーマにカラフルなパンダを描くものでした。

いろいろな色のアクリル絵の具で「●」を重ねていく参加者の皆さん。

まだ小学校入学前の小さな子供たちも楽しそうでした。

作品

ワークショップ開催の前後には、NAMIKIさんの個展とロビー展も開催されました。

FullSizeRender

コメントする

カテゴリー: 4 その他

【報告】ほっこりキッチングッズづくり

ギャラリー・いなげでは、地域のニーズに合わせた講座を「創造海岸美術講座」と題していくつか実施しています。その第一弾として、漆芸作家・藤澤保子さんによる「ほっこりキッチングッズづくり」を9月19日、10月3日、17日に開催しました。

漆工芸の木工の工程もご自分で行う藤澤さんは、キッチン道具や食器など生活の中で使用する様々な道具を、自分の手やセンスに合わせて様々な木で手作りしています。

そんなお話を伺ったことがきっかけで、今回の講座の開講をお願いすることになりました。

初日参加者が制作につかう木材を選ぶところからスタート。木材は藤澤先生が制作のために集めてこられた貴重な材をたくさんご提供いただきました。

木材を選んだら、切り出しや丸刀を使って、どんどん削っていきます。大変な箇所は機械工具の力も借りました。

木目のでこぼこを生かしたり、つるつるに磨き上げたり、一人一人違ったデザインに仕上がったキッチングッズはどれも魅力的でした。

自分で使う道具を自分で作るという藤澤さんの豊かな感覚を、キッチングッズの制作を通して共有できる講座になったように思います。

 

コメントする

カテゴリー: 4 その他

【報告】白井綾写真講座「街を撮る」

白井綾さんを講師にお迎えした写真講座「街を撮る」を9月26日に開催しました。

白井綾さんは千葉市出身の写真家です。近年では長崎の小さな教会をやさしいまなざしで捉えた写真集「長崎の教会」で高い評価を得ています。

今回の写真講座は稲毛の街を参加者が自由に散策し、撮影した写真の鑑賞会を行い、白井さんから講評をいただくというもの。まず、初めに白井さんのレクチャーを行い、自身の作品の紹介・自身が講師を務めた授業の紹介を通して、どんなものでもその人に視点によって被写体になるというアドバイスがありました。

普段、コンパクトカメラでオート撮影をしているという方には、補習タイムを設けて、明るさの調整(露出)やピントの合う範囲の選択(被写界深度)など、知っていると表現の幅が広がるテクニックを教えていただきました。

以下は受講生の皆さんがそれぞれに自分なりのテーマを持って撮影した稲毛の風景です。

どの方の写真も意外な被写体の選択、切り取り方の工夫などがみられ、講評会まで大変盛り上がる講座となりました。

コメントする

カテゴリー: 4 その他

【報告】世界児童画展千葉展

世界児童画展は、(公財)美育文化協会による絵画コンクールの一環として、毎年全国の美術館などで開催されています。世界の子どもたちの作品が世界中を巡回していくのが魅力の一つになっています。

DSC04898DSC04913

千葉市民ギャラリー・いなげでの開催は今年で5回目となり、今回は海外の子どもたちの優秀作品と千葉県の子どもたちの入選作品約400点が展示されました。

DSC04876DSC04922

毎年審査員が異なる世界児童画展では、その年によって違った個性豊かな作品に出会えます。

世界の子どもたちと日本の子どもたちの作品を同じ空間で鑑賞できるので、描かれているもの・描き方の違いや共通点が見えてきて興味深いです。

DSC04873DSC04893

年々、親子3代での来場が増えており、会場では絵を見ながら会話が弾む家族連れがよく見られました。

世界児童画展は来年も開催予定です。

コメントする

カテゴリー: 1 千葉市民ギャラリー・いなげ, 1_1 展覧会(企画展)

【報告】夏休み子ども美術講座

千葉市民ギャラリー・いなげでは、夏休みにのびのびと造形表現を楽しむ機会をつくろうということで、開館当初から夏休みに「子ども美術講座」を開催してきました。

5年前から、市内の小学校で図工を教えている水野祥江先生と為我井直子先生を講師に招き、美術の得意・不得意に関わらず楽しめる活動を毎年実践してくれています。

IMG_2964

今年はプラカップを使ったモビールづくり「くるくる ゆらゆら つるしてあそぼう」です。

透明のプラカップが風に吹かれて回るよう切込みを入れます。

IMG_2965

次に油性マジックや透明のビニールシートで思い思いに装飾します。

最後にビーズとテグスを使って3つのプラカップをつなげれば完成です!

IMG_2968IMG_2970

完成した皆の作品をギャラリー通路に飾った様子。子どもたちの細部への工夫やこだわりが見える楽しい講座でした。

 

 

コメントする

カテゴリー: 1 千葉市民ギャラリー・いなげ, 1_3 イベント